質屋の買取術

質預け

質預けって何?

質預けとは、期限内に利息と元金を支払うと、預けておいた品物が手元に戻ってくるという仕組みです。貸付金の返済が出来なくなっても、貸付金の返済義務などは発生しないです。利息だけ支払うことによって質入れの期間を伸ばすことも可能なのです。

返済の期限はいつまで?

質屋は、3ヶ月以内に返済をする仕組みです。3ヶ月以内となっているから当然1ヶ月で返済してしまっても問題はないのです。その際は、1ヶ月文の利子の支払いが必要です。

基本は3ヶ月となっていますが、利子を払うことによって3ヶ月を超えても延ばすことが出来ます。基本は利子である質料を払って、利上げをすると質流れとなる期限は延すことが出来るのです。
有効に質屋から融資をするには、質預けに関連する決まりなどを尋ねて見ると良いと思います。それと同時に有利になるようなサービスなどもないか確認してみるといいでしょう。

利子は法律で上限が決まっている

質屋営業法では、月に9%以下と定められています。その9%が法律が定めている上限となっているのです。

でも、実際にはそれぞれの店舗によって違っているのが現状のようです。当然ですが9%を超えるような事はないでしょう。9%を超えるような利子をつけるなら、それは違法なので直ぐ警察へ知らせるべきでしょう。通常だと、融資をする金額によって利率が変わる仕組みとなっている場合が殆どのようです。

質屋と消費者金融の違い

質屋と消費者金融の違いというと、取り立てやお金の催促などがないということでしょう。質屋では融資をするとその代わりに品物を預ける事になります。質屋側ではそれを査定して、質流れとなったときに確実に現金になる金額を判断して、それに合った金額が融資されるというシステムです。

契約の期間内に利子と元金を返済できなかったら、預けた商品は質屋のものとなります。質屋は商品を現金化にすることによって、お客さんに融資をした金額を十分に賄っているのです。
預けておいた商品を諦めると、融資して貰った金額は返済する事はしなくてもいいのです。これが消費者金融などと大きく違う点と言えるでしょう。

融資を受ける場合の違い

融資を受ける場合にも違いはあります。消費者金融の場合いろいろとややこしい調査などがあってきちんと審査されて、その結果によって見合う費用が融資されます。

でもそれに対して質屋は、持ち込んだ品物を価値に対する融資をするので、消費者金融のようなややこしい手続きなどは一切ありません。その場で、品物の査定があって、たったの数分で融資が出来る金額が決まるのです。

消費や金融にはややこしい手順が色々とありますが、質屋は比較的そのややこしさは少ない手順で融資をすることが出来るを言えます。

check

大分の脱毛サロン
http://www.datsumohikaku.com/oita/

2017/1/30 更新